敷布団 おすすめ

腰痛や肩こりに良い布団とは?

肩こり

 

腰痛や肩こりが出てしまうのは、睡眠時が多いといわれています。
朝起きたときに背中や腰が痛かったり、寝違えで首が痛いという人は寝ている間にまわりの筋肉が固くなり、血流も滞っていることが多いです。

 

体が直接触れる敷布団によっては症状がひどくなってしまう場合もあります。

布団が柔らかすぎる または 固すぎる

矢印

一定の部分に体圧が集中する

矢印

筋肉が固くなる

矢印

血流・リンパの流れが悪くなる

矢印

腰痛や肩こりが悪化

 

血液は酸素などを全身に運ぶと同時に、老廃物を排出する役割もあります。
血流が滞ると、体圧がかかっているところに老廃物たまっていくので疲労物質として蓄積されます。
そして腰痛や肩こりとなってあらわれます。腰や肩、背中は体圧がかかりやすい場所なので特に注意が必要です。

 

ポイント

毎日、人間は睡眠時間を布団の上で過ごします。
起きている間は意識的にストレッチしたり温めたりと対策をとれますが、寝ている間は無意識なので実はその時間こそが重要なんです。

 

腰痛や肩こりに良い敷布団とは一体どんな布団なのか?
それは体圧を分散する布団です。

 

 

矢印

体圧を分散する敷布団ランキング!

雲のやすらぎ
kumo1.jpg

全身の負担を十字方向に逃して腰や肩への負担を徹底的に減らす。
凹凸のマットは筋肉とほぼ同じほどよい固さになっていて、人間が最もリラックスできる間隔で設計されているので睡眠の質も上がります。
5層構造になっていて厚みが17cmもあるので床の上に直に敷いても底付き感がありません。スポーツ選手の愛用者も多く、腰痛や肩こりの人に支持されている布団です。
チェック体圧をクロス方向に分散
チェック夏は涼しく、冬は温かい
チェック程よい固さでクッション性に優れ、通気性が良いので快適

詳細

価格 製造国 評価
39,800円 日本 敷布団,おすすめ

 

 

マニフレックス
magniflex.jpg

イタリアで生まれた高反発マットレス。腰と頚椎を優しく支えます。
もともとは50年前から枕を世界的に展開していたメーカーで、そのメーカーが作り出したマットレスです。布団タイプもあります。
チェックイタリア製マットレス
チェック高反発素材で体圧を分散
チェック布団タイプ、マットレスタイプあり

詳細

価格 製造国 評価
43,890円〜 イタリア 敷布団,おすすめ

 

 

ムアツふとん
muatsu.jpg

体圧を放射状に分散、自然の寝る姿勢を保ちます。
3層構造で厚さ8cm。人間の理想的な寝姿勢のS字ラインをキープ。寝返りもうちやすいですが慣れるまでにゴツゴツ感が違和感を感じるかもしれません。
チェック寝具メーカー西川の布団
チェック難燃性ウレタンフォーム
チェック薄いのでヘタリが心配

詳細

価格 製造国 評価
27,777円〜 日本 敷布団,おすすめ

ランキング1位の布団が売れている理由

雲のやすらぎ

敷布団が固すぎたり柔らかすぎたりすると、目覚めた時に疲れが残っていたり、腰痛を引き起こすこともあります。

 

これは、腰や背中に体圧が集中して寝返りを打ちにくくするからです。
寝ているときに最も重みがかかるのが腰や背中なのです。

 

「雲のやすらぎ」は体圧分散効果に優れた独自の「クロスクラウド製法」を採用。
体圧を分散すると同時に、寝返りを打ちやすくしているのが特徴です。

 

口コミをみても、特に腰痛に悩む人に好評を得ています。

 

・極厚17cmの5層構造
・クラスクラウド製法による体圧放出
・優れた通気性で湿気を放出。サラサラで熟睡できる
・羊毛ロレーヌダウンにより、最適な温度と湿度を維持
・防ダニ、防菌、防臭効果

 

床でもベッドでも底付き感がないので場所を選ばず使えます。【参考】腰痛 布団

 

特に、床に布団を敷いている人は布団が柔らかくても腰に体圧がかかっている恐れが高いので、床に布団を敷いていて腰痛に悩まされている人にもおすすめです。

 

布団の詳細